優良認定情報
 
■優良産廃処理業者認定制度に係る公表事項
公開開始日 2011/07
情報更新日 2011/11
※2011/04/01現在
氏名または名称 有限会社花丘商事
会社情報
住所 〒471-0051愛知県豊田市花丘町1−17
代表者氏名 梅谷 岳志
役員等の氏名、就任年月日 代表取締役 梅谷 岳志 (平成19年9月3日就任)
取 締 役 梅谷 勝利 (平成19年9月3日就任)
監 査 役 梅谷 孝子 (平成 3年11月1日就任)
設立年月日 平成3年11月1日
資本金・出資金の額 金300万円
事業の内容 1986年 3月    創業
(昭和61年)
1986年 3月 6日  豊田市 一般廃棄物収集運搬業許可
1986年 3月19日  愛知県 産業廃棄物処分業(中間処分)許可
          愛知県 産業廃棄物収集運搬業許可
1986年 12月26日  愛知県 特殊肥料生産業者届出

1991年 9月 1日  (有)花丘商事 設立
(平成3年)
1992年12月 7日  豊田市 産業廃棄物処分業(中間処分)許可
(平成4年)     愛知県、岡崎市、豊田市
          産業廃棄物収集運搬業許可
1999年 2月26日  愛知県 特殊肥料生産届出
(平成11年)    「ニューコンB」認可
2000年 10月 1日  農林水産大臣 普通肥料登録
(平成12年)    「ニューコンA」登録
2004年 12月20日  農林水産大臣、環境大臣 再生利用事業登録
(平成16年)
2005年 7月15日  愛知県 肥料販売業務開始届出認可
(平成17年)
2006年 8月30日  愛知県 特殊肥料生産届出
(平成18年)    「ニューコンC」認可
2008年 5月    電子マニフェスト対応
(平成20年)
2009年 7月 2日  エコアクション21認証・登録
(平成21年)
2011年       岡崎市・豊田市において
(平成23年)    産業廃棄物収集運搬業の許可は
          都道府県知事許可に一元化され失効
          豊田市 一般廃棄物収集運搬業許可 返上
許可の内容
事業計画の概要 【産業廃棄物処分業】
1.事業の全体計画
自社の収集運搬により、又は排出事業者の委託を受けた収集運搬業
者により搬入された食品工場から排出される良質な食品副産物であ
る汚泥・動植物性残さ(産業廃棄物)を自社処分場において中間処
理(圧縮固化、混合、発酵)を行うことにより肥料化を行っていま
す。

2.処分する産業廃棄物の種類及び処分量
 種 類   中間処理方法    処理量   性状 
汚泥     乾燥・発酵     900t/月  泥状
動植物性残さ 乾燥・発酵      20t/月  バラ
コーヒー粕  乾燥        500t/月  バラ
  
3.環境保全措置の概要
(1)中間処理施設において講ずる措置
建屋内で作業を行うことで、廃棄物の飛散防止、流出防止、悪臭防
止しています。
(2)保管施設において講ずる措置
建屋内に設置し、屋外・敷地外への粉じん・悪臭等の飛散流出を防
止しています。
業許可証の写し 詳細
施設および処理の状況(収集運搬業者)
運搬施設の種類、数量、低公害車の導入状況 運搬車両     最大積載量  台数
ダンプ      2500kg   1
キャブオーバー   350kg   1

その他運搬施設 運搬容器等なし
積替え又は保管施設 なし

低公害車の導入 なし 
積替保管施設ごとの所在地、面積、保管する産業廃棄物の種類、保管上限量 なし
直前3年間の産業廃棄物の受入量、運搬量 2008年4月〜2009年3月
実績なし

2009年4月〜2010年3月
実績なし

2010年4月〜2011年3月
4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
   0    0 220    0 355    0     0     0  345   0   0   0 (kg)
 
施設および処理の状況(処分業者)
処理施設の設置場所、設置年月日、施設の種類、産業廃棄物の種類、処理能力、処理方式、構造・施設の概要(文字表記) 【中間処理施設】
設置場所 :愛知県豊田市花丘町1-43
      愛知県豊田市花丘町1-44-2
施設の種類:堆肥化処理
産業廃棄物の種類:汚泥、動植物性残さ
処理能力 :70t/日

〈処理施設・処理能力・設備の概要〉
攪拌ロータリー式乾燥・発酵施設
・乾燥炉    1台
・攪拌乾燥炉  1台
・灯油バーナー 2台
・送風機    1台
設置年月日(平成3年9月)
処理能力:70t/日
処理方式:攪拌ロータリー式乾燥・発酵

混合・圧縮固化施設
・攪拌機     1台
・ベルトコンベア 1台
・ペレット成形機 1台
設置年月日(平成18年11月)
処理能力:攪拌機 64㎥/日、ペレット成形機 16㎥
/日
処理方式:攪拌、圧縮固化
処理施設の設置場所、設置年月日、施設の種類、産業廃棄物の種類、処理能力、処理方式、構造・施設の概要(画像添付)  
処理施設の設置許可証の写し  
事業場ごとの産業廃棄物の処理工程図 詳細
産業廃棄物の最終処分終了までの一連の処理の行程(文字表記) 汚泥(ニューコンA)
1.食品工場
穀物等をゆでたり、煮出したりすることにより出る廃液を工場内
の浄化槽でバッキ発酵し、豆腐状にしたものが食品工場から出ます

これは、穀物類などの原料から製造に必要な成分を抽出した後の残
有物で、植物にとって必要な成分をたくさん含んでいます。
2.収集・運搬して花丘商事へ
食品工場から出された豆腐状のものを、性状を変化させずに肥料
を製造するために工場から発生したらすぐ、肥料に関係のないもの
が混ざらないようにするために混載をせず、そして腐敗が進まない
ように積置き・積替えをせずに花丘商事へと収集・運搬します。
3.花丘商事で肥料製造
 運ばれたものを発酵機へ投入します。
 発酵機を灯油バーナーで下部から加熱して鋳物砂を暖め、花丘商
事オリジナルの自然菌の中で水分調整、成分調整、pH調整を行ない
、発酵させていきます。
 こうして、緑に必要な成分を整えた有機肥料が製造されます。
4.有機肥料として出荷

動植物性残さ(ニューコンB)
1.搬入
小麦粉、野菜くず、コーヒーかす、油粕など、食品工場などで出
る半製品を花丘商事に搬入します。
2.ブレンド
 搬入された原料を完成品と混ぜ合わせ、水分・成分を調整し、一
次発酵をします。
3.ハウスで発酵
 一次発酵させたものをハウスで二次発酵させます。 
4.切返し
 発酵させたものを再度混ぜ合わせ、製品に均一に空気が行渡る様
にします。
5.熟成
 元の形状がなくなるまで、熟成させます。
6.肥料製造
 熟成されたものを発酵機へ投入します。
発酵機を紙屑・木屑を燃やし、下部から加熱して鋳物砂を暖め、花
丘商事オリジナルの自然菌の中で水分調整、成分調整、pH調整を行
ない、発酵させていきます。
 こうして、緑に必要な成分を整えた有機肥料が製造されます。
7.有機肥料として出荷

動植物性残さ(ニューコンC)
1.搬入
食品工場などで出る半製品、コーヒー粕のみを使用します。
2.乾燥
 搬入されたコーヒー粕を攪拌ロータリー式乾燥、発酵施設にて乾
燥します。
3.有機肥料として出荷
 ニューコンCとして出荷します。 
産業廃棄物の最終処分終了までの一連の処理の行程(画像添付) 詳細
直前3年間の産業廃棄物の受入量、処分量、残さ処分量(画像添付) 詳細
財務諸表
前年財務諸表 詳細
前々年財務諸表 詳細
前々々年財務諸表 詳細
料金
料金の提示方法 見積書による
料金表、料金算定式 詳細については、事業所までお問い合わせ下さい。
処理料金につきましては種類、量により計算いたします。
無料にてお見積もりいたします。
社内組織体制
社内組織図 詳細
人員配置、職務分掌 組織図参照
事業場の公開
事業場の公開の有無、頻度 各事業所ごと年1回


Copyright (C) 2004 Hanaoka Shoji Co.,Ltd. All Rights Reserved.